リフォーム施工事例

埼玉県さいたま市 M様

片付けの手間を省き、いつもスッキリした空間へ。

収納・家事リフォーム

  • リフォーム後の寝室収納
  • リフォーム後の収納
  • リフォーム後のキッチン収納
  • リフォーム後の収納
  • リフォーム後の寝室収納
  • リフォーム後の収納
  • リフォーム後のキッチン収納
  • リフォーム後の収納

ご両親が住まわれるということで、収納は機能的にしたいとのご希望がありました。

玄関の収納が少ないということと、押入れは上手く物を納められずにデッドスペースになりがちなので何か工夫できたら、ということでした。押入れの奥行をうまく活かしきれていないようでした。

ご両親の片づけの負担を軽くして、いつもすっきりした状態を保つことができるような収納がご希望でした。

リフォームの動機

・機能的な収納にしたい。
・片付けの負担が減るような収納がほしい。

  • リフォーム前の収納

リフォームのポイント

3LDKを2LDKに間取り変更して、一部屋分のスペースの一部を玄関クロークにしました。
たいていのお宅の玄関には、靴のほか、様々なものが置かれています。例えば、外出に必要な上着、帽子、傘、エコバッグ、カートや杖、鍵、印鑑、また掃除用具や灯油などです。玄関はその家の顔ともいえる場所ですので、いつもすっきりとさせておきたいですね。
今回の提案は、可動タイプの棚をもうけ、納めたい物の大きさに合わせて、高さを変更できるクロークとなっています。もちろん、洋服をかけるためのパイプも取り付けました。多目的な収納となっているので、お客様にもカスタマイズしていきただける仕様となっています。
押入れは、2つのお部屋から両面で利用できるように改修しました。奥行がたっぷりあるので、ご夫婦で共同で利用することができ、デッドスペースもなくなりました。

  • リフォーム後の寝室の収納

    リフォーム後の寝室の収納

  • リフォーム後の収納

    リフォーム後の収納

  • リフォーム後のキッチン収納

    リフォーム後のキッチン収納

  • リフォーム後の収納

    リフォーム後の収納

費用 100万円前後 工期 7日間
築年数 25年 改修面積 3m²
家族構成 ご夫婦2人 住宅形態 マンション

管理番号sa13-3-5

お客様のご感想

玄関のスペースが広くなり、収納もたっぷりとれて、リフォーム前と見違えました。マンションの玄関スペースは、どうしても限られたもので、しかたないかと思っていましたが、広々とした空間となり、段差も緩やかで、外出時の身支度もスムーズに行えます。玄関に置かれるいろいろな物を一堂にしまえるので、とても便利です。
押入れは、パイプに洋服がかけられるようになり、これまでたたんでいたものも、収納方法が変わりました。ハンバーにかけておける洋服は、出し入れがとても楽になりました。
リフォームで、これまでの持ち物を整理しましたので、収納を見直す良い機会となりました。玄関、廊下、寝室と、それぞれの場所に収納ができましたので、それぞれの場所で必要なものを納めるようになりました。かたづけの手間も省けて、すっきりした状態でいられるようになりました。