リフォーム施工事例

埼玉県さいたま市 W様

今までと同じスペースなのに収納力が大幅にアップし快適な住まいへ。

収納・家事リフォーム

  • リフォーム後の洋間
  • リフォーム後の洋間 ミニ書斎
  • リフォーム後の洋間
  • リフォーム後の洋間 ミニ書斎

和室の押し入れ、床の間が活かされておらず、どうにかできたらとお考えでした。床の間には、ちょうど良いスペースなので、ついつい物を置いてしまい、扉もないので見えたままの状態が気になっていました。

押し入れの中もデッドスペースになってしまいがちに。洋服ハンガーを出したままの状態も改善したいと思っていらっしゃいました。

和室は、雰囲気が良い反面、襖や障子、畳のメンテナンスに手間がかかるので、思い切って洋間にするかどうかも迷われていました。洋間にした場合、収納はどういった仕様にするかも思案されていました。

リフォームの動機

・和室の押し入れ、床の間が活かされておらず、どうにかできないか。

  • リフォーム前の和室
  • リフォーム前の和室

リフォームのポイント

収納を計画する際に、押し入れに入っている物を確認させていただきました。思ったより、物の量が多くなく、これなら棚の掛け方を工夫すれば、いま納めきれていない洋服なども十分収納でききるのではないか、ということになりました。
押し入れは、布団の出し入れがしやすいように、中段で上下に分かれている仕様が一般的です。W様邸では、押し入れの間口1/4程度のスペースは、この中段を外し、下から上までの空間としました。ここには、掃除機など、高さのある物を収納できるようになります。残りの3/4のスペースには、洋服がかけられるように、パイプを通しました。これまで洋服ハンガーに掛けられ、畳に置かれていた服をすっきり収納できるようになります。
床の間スペースは、カウンターを設けて、ミニ書斎スペースとして活用できるようにしました。パソコン操作や読書などにぴったりのスペースとなりました。

  • 床の間スペースに設けたミニ書斎

    床の間スペースに設けたミニ書斎

費用 50万円前後 工期 2日間
築年数 17年 改修面積 4m²
家族構成 2人 住宅形態 戸建て

管理番号sa09-2-5

お客様のご感想

部屋に出したままになっていた洋服などがすっきり納まり、ストレスがなくなりました。多目的な収納なので、洋服だけでなく季節の家電や掃除機なども収納できます。これまと同じスペースなのに、リフォームしたら、収納力が増えました。
床の間スペースを利用したミニ書斎は、孫たちの写真をたくさん飾って楽しんでいます。独立した空間でなく、部屋の一部 につくったスペースなので、様子や気配を感じながら過ごすことができるのが良いですね。
また、今回の収納を計画するうえで、持っていた物を整理できたて、とてもすっきりしました。
このような機会がないと、なかなか物を捨てることができないので、良いきっかけになりました。