リフォーム施工事例

【さいたま市】 M様

両親に贈るマンションリフォーム。

マンションリフォーム

お施主様のご家族が増えて、新居にお引越しされるタイミングで、これまで住まわれていたマンションをご両親にプレゼントするためのリフォームでした。ご両親がお住まいになることでの課題は、床の段差と、古くなった水回り設備でした。特に、お風呂はゆったりと入っていただきたいということで、間取り的に拡張できないかとお考えでした。お掃除など、家事の負担もあるので、なるべくお手入れ性の良いものをご希望でした。また、お風呂を広くしてあげたいとのご希望もありました。収納が少ないのもお悩みの一つでした。

リフォームの動機

・両親が安心して暮らせるようなマンションにしたい。

リフォームのポイント

ご両親様が安心してお住まいになれるよう、バリアフリーをかなえられるよう、大きく間取り変更しました。もともと3LDKの間取りでしたが、お二人暮らしになるので、2LDKをご提案しました。
間取り変更に伴い、床の改修をすることで段差を解消していきます。洋室だった空間は、玄関クロークとお風呂を拡張することで利用し、収納不足と広いお風呂を実現しました。
玄関クロークは、靴はもちろん、外出する際に必要な上着や小物なども納めることができます。
このほか、廊下に面して造作した雑貨用の物入れ、2つの部屋から両面で使える押し入れなど、収納スペースは場所や用途に応じて工夫をこらしています。
ご主人様と奥様、それぞれの寝室から押し入れを使えるので、デッドスペースなく利用でき、お互いの気配も感じられるようになっています。
無駄をはぶき、ご夫婦お二人に必要な機能を厳選したお住まいになりました。

費用 500万円前後 工期 30日間
築年数 25年 改修面積 65m²
家族構成 ご夫婦2人 住宅形態 マンション

管理番号sa13-4-4

お客様のご感想

これまで一戸建てに住んでいたこともあり、ワンフロアとなるマンションでの生活は、とても快適なものとなりました。今回の間取り変更で、床の段差を極力なくしているので、いろいろな動作がラクになったことを実感しています。
お風呂も大きくなり、浴槽に足を伸ばしてつかることができます。また、浴槽のまたぎもラクになり、うれしいです。
水回り設備は、どれもキレイになって気持ちがいいですね。お手入れの手間を省くことができます。キッチンは、これまでの観音開きの扉から、引出しになりました。これまで物を出すときに屈んでいた動作がなくなり、腰への負担が軽減されうれしいです。
今後の暮らしを考えると、家事がラクにこなせるのは、とても助かります。